SERVICE サービス内容

フロンガスの回収・処分

メインテーマはストップ地球温暖化
 
私達人間はあらゆる生き物のリーダーです。そのリーダーは未来ある子供達、生き物達に豊かな地球を残す責任があります。我々にそのお手伝いをさせて下さい。

フロンガス回収が必要な3つの理由!

①法令順守

フロンの大気への排出削減の為、平成14年4月にフロン回収、破壊法が施工されました。
 
主な内容はフロンをみだりに放出してはならない
業務用冷凍空調機器の廃棄時には登録業者によるフロン回収の義務付けなどです。

施行されている法令

平成19年10月 フロン回収、破壊法の改定
主な内容は行程管理制度の導入、建物解体時における冷凍空調機器の有無の確認及び書面による説明の義務化、建築、解体業者による設置の有無の確認と書面による説明の義務化などです。

平成27年4月 フロン排出抑制法が施行
主な内容はフロン類使用製品所有者の管理意識を高め、機器からの使用漏洩を防止しなければならないなど

令和2年4月 フロン排出抑制法の改定
主な内容は直接罰の導入です、機器所有者はフロン類の未回収のまま機器の廃棄を行った場合は刑事罰(50万円)の適用。建設、解体業者は現場を事前確認しその結果を書面で発注者に説明その書面を3年間保存、フロン類をみだりに放出した場合1年以下の懲役または50万円以下の罰金に処されます。

また機器の処分時にはフロン回収業者からのフロン引取り証明書のコピーを配布する事の定め、機器の回収(リサイクル含む)業者もフロンの回収が確認できない機器の引き取りをした場合50万円以下の罰金に処されます。
 
以上の法律などを踏まえフロン類の適切な処分が求められております。

②オゾン層破壊をストップ

フロンガスが大気中に放出されると数年~15年かけ上空の成層圏まで上がりオゾン層を破壊してしまいます。オゾン層の破壊により紫外線が直接地上に届き地表温度の上昇、極地における氷河の溶解、海水温度の上昇及び膨張など、様々な地球のバランスが崩れ異常高温や洪水または干ばつなど豊かな地球環境が損なわれる事になります。
 
以上の事などが今後少しでも起こらない為にもフロン回収が重要課題とされています。

③温室効果を低減へ

温室効果とは太陽から放たれた紫外線が地球を照らしその紫外線が宇宙へと帰らず地球上に蓄積され
 
地表付近が温まってしまう現象です。その大きな要因としてフロンガス、二酸化炭素、メタンなどの温室効果ガスと呼ばれる物質が原因とされています。

これらの温室効果ガスはすべて人間が作り上げたもので人間が責任をもって処理する責任があります

詳しくはお問い合わせください。

お客様それぞれに、ご要望やニーズも様々かと思いますので、お困りの事がありましたらお気軽にご相談ください。
日本ニューエアーでは丁寧な対応と迅速なフロンガス回収を心がけております。

お問合せフォームよりご相談頂くか、お電話やFAXでも対応させて頂いております。

TEL:075-874-6315 FAX:075-874-6316

第一種フロン類充填回収業登録

  • 京都

  • 大阪

  • 兵庫

  • 滋賀

  • 奈良

TOP